猫に合わせたキャットフード選び

妊娠・授乳期用キャットフード

人間は妊娠が分かると、お医者さんからタバコやお酒、風邪薬、など控えるべきものの注意がありますが、それはお腹の赤ちゃんに悪影響があると分かっているからですね。 猫も人間同様に、口にしたものがお腹の仔猫たちの成長に係わってきますので、妊娠中そして授乳期は普段の食事ではなく、その時期に合ったものに変えてあげましょう。

妊娠・授乳期には子猫用のキャットフード

それでは、妊娠中や授乳期に合ったキャットフードとは、どういったものでしょうか。 メーカーによっては、妊娠・授乳期用に特化したキャットフードが販売されています。そして、それらのパッケージを見ると「妊娠・授乳期用」に加え、「仔猫用」とも記載されています。

妊娠中や授乳期の成猫と、産まれて間もない仔猫が同じキャットフードを食べるの?と驚かれると思いますが、その理由は、仔猫の成長スピードと妊娠・授乳期の母猫の摂取必要カロリー量にあります。 仔猫は産まれてからの成長が早く、約1年の間に成猫と同じくらいの体格にまで成長します。 この急激な成長には高カロリーが必要で、その必要カロリー量は成猫を超えるほどです。

しかし、噛んだり、飲み込むといった食べることに慣れていないうえ、体同様胃も小さいのでそんなにたくさん食べることは出来ません。 そこで、仔猫が十分な栄養素を摂取出来るよう、通常の成猫用のキャットフードに比べ、仔猫用に特化したキャットフードは高カロリーに作られています。 こうして、少量で必要なカロリーを得ることが出来るのです。

そして、妊娠・授乳期の猫は、仔猫を元気に成長させるため、通常期よりも摂取カロリーを多くしなければいけません。 そこで、仔猫の急激な成長や、妊娠中や授乳期の猫の体の変化には、少量でも栄養価が高く消化の良いキャットフードが必要となります。 こういった面から、妊娠・授乳期の猫と仔猫用のキャットフードは同じものなのです。

妊娠・授乳期用のキャットフードを食べない場合

しかし、猫によっては、食べ物に敏感で、妊娠・授乳期用のキャットフードに変えても食べてくれないこともあります。 また、状況変化に敏感な猫ですから、食事が変わったことでストレスを感じることもあるでしょう。

そんな時は、普段与えているキャットフードをその時期に見合った適正量できちんと与えましょう。 新しく妊娠中・授乳期用のキャットフードを選ぶ必要もありません。 妊娠・授乳期の食事で大切なことは、あげる量とキャットフードの質です。

与える量や食事回数を増やす

妊娠中はお腹の仔猫たちの分まで栄養を取る必要がありますので、普段と同じ量ではカロリーも栄養素も足りません。 普段と比べて1.5倍の量を目安にあげてください。

しかし、急に食事量を増やすと残すこともありますので、徐々に増やしていくようにするほうが良いでしょう。 さらに、無事出産し授乳期に入ると仔猫たちはひっきりなしに母猫のお乳を欲しがります。

こうなると、1.5倍量では必要栄養素が追いつきませんので、妊娠前の普段の食事量の2倍から3倍に増やしましょう。 ここでも、急に量を増やすのではなく徐々に増やしていくことが望ましいです。 それでも食べ残す場合は、1度の食事量を増やすのではなく、1日の食事の回数を増やすようにしてみてください。

安全無添加のキャットフードを選ぶ

そして、食事量と同じくらい大切なのがキャットフードの質です。 キャットフードに入っている添加物や悪質な原材料が仔猫に悪影響を与える危険があるので、無添加で良質な原材料を使用したキャットフードを選んでください。

こういった、無添加で質の良いキャットフードは、年齢や時期を問わずあげられるといったメリットもあります。 産まれたばかりの仔猫にも、お湯や仔猫用ミルクでふやかしてあげれば、母猫と同じ食事を取ることが出来ます。

また、仔猫の頃から、無添加で質の良い安全なキャットフードをあげることによって、免疫力が高まり健康トラブルの少ない元気な成猫へと成長します。

元気に産み育てるためにも是非無添加のキャットフードを

私は猫の出産に立ち会ったことがあります。 ねずみのように小さく愛らしい仔猫が1匹ずつ順に、4匹5匹と産まれ、母猫は最後の方は仔猫たちのへその緒を噛み切る体力も無くなっていました。 一方、産まれてきた仔猫たちはニャアニャア鳴きながらお乳を求め、もぞもぞ動いています。

母猫は産み終わると仰向けに転がり、まだ目も開いていない仔猫たちが必死で母猫のお乳を探り当てていました。 動物の本能って素晴らしい!と感動した一幕です。

猫にしても人間にしても、妊娠・出産は、母、子両方の命を落とすこともあるほどの体力を使う大仕事です。 母猫も仔猫も健康で元気に長生きさせてあげるためにも、是非無添加の安全なキャットフードを選んでください。