猫に合わせたキャットフード選び

ウェットキャットフードの種類(総合栄養食)

ウェットフードにも総合栄養食がある

キャットフード市場においてウェットキャットフードは、『一般食』と位置づけされています。実際にそのほとんどが一般食のカテゴリーに分類され、主にドライフードである『総合栄養食』と一緒に与えてください、との記載があります。

しかし実は、ウェットフードにも総合栄養食は存在するのです。 そして、総合栄養食のウェットフードには、それと水だけで必要な栄養素を摂取出来ることだけに終わらない、猫の食性に合う優れた利点がたくさんあるのです。

ですが残念なことに、市販されているものがとても少なく認知度が低い上、情報量も多くはないので、いざ食事に取り入れようとしても、適切な与え方が分からずに困ったという声もあります。

ウェットフードにはドライフードには無いメリットが数多くあり、それが総合栄養食ともなれば、非常に優れた食事になることは当然です。 そこで、どのような種類があるのか、どのような猫に向いているのか、ここではその特性を挙げてまいります。

ウェットフードのタイプ別特徴

一般食のウェットフードはドライフードとミックスして使われることが多く、それは前述のように栄養素を補うことが主な理由です。

ドライフードだけ与えるよりも、ウェットフードを混ぜることにより柔らかい食感が追加され、ウェットフードの素材である肉や魚の匂いで猫の食い付きをよくすることができます。 他にも、無理なく水分を摂取出来ることも重要なポイントです。

何かにプラスして使用されることが多い一般食のウェットフードですが、総合栄養食であれば、それと水だけで他に何かを足す必要なくバランスの良い栄養を摂取出来るのです。 ウェットフードには大きく分けて3タイプの形状がありますので、どのような種類があるのかご紹介いたします。

フレークタイプ

総合栄養食であるウェットフードの中で一番種類が多く存在します。 原材料は肉や魚が中心で、後述するパテタイプに対し素材となる肉や魚の形が残るように加工されているのが特徴です。 缶詰やレトルトパウチに入っているものが多いです。

見た目のほか、匂いも肉や魚だとはっきり分かるほどであり、また食感も狩猟動物である猫の食の習性にあっています。

パテタイプ

次に種類が多いのがこのタイプです。 こちらは肉や魚、内臓などが使われており、それらをミックスしすりつぶしているもので、ムース状のものもこのタイプに入ります。

缶詰やアルミ製の容器に入っており、ほとんど形が残らないほどなめらかなので、猫の年齢を問わずにあげられます。

また、自分で食事が出来ない状態の猫の場合、水分は点滴で取れますが、食事はシリンジであげるしかないので、そういった場合でもこのパテタイプだと、水を加えゆるくペースト状にしてシリンジで食べさせることが出来ます。 しかし、フレーク状に比べ比較的値段が高くなります。

スープタイプ

スープタイプの総合栄養食は非常に少ないのが現状です。 素材は肉や魚が中心でありますが、それよりもスープがたっぷり入っているのが特徴です。 とろみをつけたシチュータイプもこのタイプに属します。

レトルトパウチに入っているものが多いので、ゴミが少なく済むのも人気の理由です。 ウェットキャットフードの中で最も水分量が多く、スープ自体に栄養があるので、食欲が無くフードを食べようとしない時でも、舐めるだけで少なからず栄養を摂取することが出来ます。

また水気が多いことで、ドライフードをふやかしやすい点でも使い勝手が良いです。 食べやすい形状から、仔猫やシニア猫向けに作られているものが多く見られます。

基本的にこの3タイプが存在しますが「パテタイプ」プラス「フレークタイプ」のように、猫が食感に飽きないよう初めからそれぞれのタイプがミックスされているものもあります。

ウェットフードのタイプの選び方

ついつい値段で選びがちになりますが、猫の年齢や状態に合い食いつきの良いものを選んで、適量を食べさせてあげてください。

食い付きの良さというのは非常に重要視すべき点です。 総合栄養食には、猫の健康に必要な栄養素が全て詰まっているわけですが、どんなに栄養価が高くても、その猫の好みに合わず食べてくれなければ意味がないので、どのタイプを猫が進んで食べるのかも良く見てみてください。

そして総合栄養食といえど、柔らかい特性のため顎を使う力を鍛えることは出来ません。 ウェットフードだけ食べ続けて噛む力が弱ると、歯が弱り食が細くなり体力が落ちていくという悪循環をたどりかねませんので、顎を鍛えながら歯垢除去などをしてくれるドライフードも上手に組み合わせてあげてください。その場合は一般食のドライフードでも構いません。
参考:ウェットキャットフード